好感の持てる目元メイクを目指しませんか?

目元メイクにはちょっと気を遣った方が良いでしょう。チークの位置に気を遣うとか唇につやを出すことに気を遣うよりも、目元メイクに気を遣った方が賢いです。目元メイクは難しいので気を遣えばその分だけ自分に合ったメイクができるでしょう。

 

チークなんて簡単です。頬骨の1番高い部分を目安にしてちょっと色を乗せてみるといいのです。自分の顔の形に合わせたり、こうなりたいという顔があればそのようにチークの位置や形を工夫しましょう。丸くチークを乗せてみてもいいですし、細長く入れれば大人っぽい顔になりますよ。

 

こんな風にチークは簡単に入れられますが、目元メイクは難しいです。それはアイシャドウやマスカラ・アイラインなどたくさんのアイテムを使うからです。これはたくさんのアイテムを使えばいいと言うことではないので、やり過ぎ感のない目元メイクに仕上げる方が好感が持てます。

 

ついついやり過ぎてしまうのが目元メイクですが、好感が持てる目元メイクを目指しましょう!