インドエステのアーユルヴェーダについて

エステの中のアーユルヴェーダは、様々なハーブを使用して行っていく美容法となっていて、状態に合わせながらハーブを選んでいくというのが大きな特徴です。

 

肌を美しくするのはもちろんですが、その他にも精神的なリラックス効果などを持っているため施術を受けながら本当に気分も落ち着き、心地よいものだといわれています。

 

アユールヴェーダそのものは非常に古い時代から用いられていた方法で、インドだけではなく日本にもこうした施術を受けられるようなサロンが増えてきました。ハーブを使用したオイルを使って施術を行うこともあり、施術を受けている間は肌が暖かくなり、血行が促進されている時間があるというのも大きな特徴の一つです。

 

美容法として用いられている以外にも予防医療や代替医療としても活用されており、インドでは伝統医学の一つとして扱われています。

 

どちらにしても悩みに合わせながら複数のハーブを使用して効果が得られるものとなっています。

PR|キャビテーションで腸デトックスするなら|